11/17(日)上鳥羽グランドにて、竹の子新人戦決勝トーナメント1回戦が行われ、下京JUさんに 1‐3 で敗れました。

この試合、両投手の好投で、緊迫した良い試合となりました。

TKドラゴンズ 1 0 0 0 0 0 0  1
下京JU    0 0 1 2 0 0 ×  3

1回表

1アウトから、2番 立石が3ボール1ストライクからの5球目をレフト前に運び、すかさず盗塁。

1アウト2塁で、3番 伊藤の当たりはショートへの内野安打に、その間に立石が3塁へ。
1アウト1・3塁で、ピッチャーからファーストへのエラーの間に立石が帰り、先制。

しかし、2回以降は相手投手の調子も良く、選手達は頑張りましたが、なかなか打ち崩すことが出来ません。

レギュラーチームになれば、多数の好投手と対戦することが多くなります。

この経験を生かし、更なるレベルアップを目指してほしいです。


この日の先発は 青山(空)。

青山(空)は、初回から制球が良く、中盤に3失点を許すも、最後まで強気の投球を貫いてくれました。

さすが、来期のエース‼️

5回からは頼れるリリーフ 立石。

期待通り、5回、6回を完璧に抑えてくれました。

この試合で成長を感じたのが、8番センターでフル出場した下村。

普段は控えめな選手ですが、この試合では堂々としたプレーを見せてくれました。

4回裏、左中間に飛んだ打球を素早くカバーし、高度な中継プレーでアウトに❗️

6回裏には、左中間に飛んだ難しいフライを最短距離で走りキャッチ。

自信を持ってプレーし、来年はレギュラー定着を狙って頑張って欲しいと思います。

塁審をして頂いた成合さん、運営にご協力頂いたスタッフの皆さん、ありがとうございました。

残念ながらBチーム最後の公式戦になってしまいましたが、保護者の皆様のご声援ありがとうございました。

来年も変わらぬご支援とご声援、よろしくお願い致します。