プロ野球選手育成・甲子園球児育成
少年野球チーム

TKドラゴンズは20221月から2年間の移行期間を設け20241月よりプロ野球選手・甲子園球児の育成に特化した小学生の野球クラブチームにいたします。

移行期間中の練習時間は基本的に週1回3~4時間。
日曜日は隔週程度で試合が入ります。
移行期間中でもプロ育成プログラムにて練習を進めていきます。

少年野球(学童野球)チーム、少年野球のクラブチームをお探しの皆様へ

TKドラゴンズ 団員募集中(小学2年、3年、4年、5年生)

TKドラゴンズは、京都市内のグラウンドでの練習を中心として、京都を中心に、関西の他府県からもメンバーが集まる少年野球(学童野球)チームです。「ひとりひとりが輝く野球」をモットーに、自主性を大切に、子どもたちに野球の楽しさを伝えています。全てにおいて積極的な野球に取り組みます。つまり、守備では、エラーを恐れず、間一髪をアウトにする野球、攻撃では、凡打を恐れず、自分が打って点を取る野球を指導します。

チームの目的「ひとりひとりが輝く野球」

団員募集

対象:小学2年生〜6年生
グラウンドに通える方なら府県を問いません

TKドラゴンズは京都市内のグラウンドでの練習や試合を中心として活動しています。
京都を中心に、関西の他府県からも団員が集まる少年野球チームです。

本当の野球の楽しさを子供たちに教えること
自分の意志で生き生きと野球ができる選手を育てること

指導方針はこちら
団員募集要項・ご家族や保護者の負担についてはこちら
お問い合わせはこちら

2005年当時、少年野球チームの指導方針に違和感を感じたことで、TKドラゴンズを設立しました。そこから、「楽しい野球とは何だ」ということを追求し続けて今があります。

楽しい野球とは、「勝つこと」ではないかと思い、週4回の練習をしたこともありました。しかし、勝てるようにはなりましたが、勝つことに執着してしまったことで、気づけば、2005年当時の少年野球チームの指導方針に違和感を感じた時と同じような指導をしている自分がいたことに気づきました。

このことから、真剣に、「楽しい野球とは何か」に悩み、今の指導方針でもある「ひとりひとりが輝くTK野球」が生まれたのでした。つまり、「自分で考え判断できる野球は、楽しい」ということでした。

選手を信じることで、「やらせる野球・やらされる野球からの脱却」を目指しました。
ぜひ、詳細やどのようなことをやっているのかを知りたい方は、
このサイトのブログをご覧ください。(練習や試合があった週は毎週更新しています)

一番大きく変化させた点が練習時間を減らし最新の野球理論を取り入れた指導をすることでした。
そのために、自分自身が持っていた野球知識を一旦ゼロにし、プロ野球選手や高校野球、中学硬式野球の指導者たちとの交流により、最新の野球理論を取り込み、TKドラゴンズ独自の理論を構築することで指導を充実させてきました。
TKドラゴンズでは、1週間に約3時間のチーム指導を基本としていますが、選手たちは劇的な変化を起こしています。保護者の皆様にも指導のサポートをしていただいていますが、あくまでもサポーターとしての位置づけとなります。野球経験者の保護者の皆様も同じく、サポーターとして活躍していただいており指導は、指導者が行うということを徹底しています。同じ考え方で、同じ指導を行うため、指導者教育にも力を入れています。

保護者に皆様には、昔の野球とは大きく違うということを十分に理解していただき、サポートをして頂いています。

「楽しい野球とは何か」は、各チームごとに少しずつ違いますので、その点も考慮し、指導を行っています。

チーム紹介
募集要項
お問い合わせ


学生アルバイト募集

小学生(学童)の各チームの専任コーチのアルバイトを募集しております!
子供たちに楽しく指導してくれる方のご応募お待ちしております。

募集詳細を見る


ひとりひとりが輝くTK野球

私は自分の育てた選手たちが、自分の意志で生き生きと野球をする姿を知っている。
それが根性野球よりも管理野球よりもどんな野球よりも美しいことを知っている。
選手ひとりひとりが輝いている野球が、見ていて一番面白い。

TKドラゴンズ 会長
兼メジャーチーム監督
田中 肇

会長のひとり言 一覧を見る

ブログ最新記事 最新記事