プロ野球選手育成・甲子園球児育成 少年野球チーム

チーム紹介

TKドラゴンズは、京都市内外からメンバーが集まるプロ野球・甲子園球児育成に特化する少年(学童)野球チームで、2005年に設立しました。

チーム名の由来

Team Kids Dragons

TKドラゴンズの名前の由来は「ひとりひとりが輝く」という意味を込めて「Team Kids」の頭文字TKと、天高く舞い上がれという意味を込めて「ドラゴンズ」としています。

プロ野球選手・甲子園球児育成に特化する理由と目的

2005年の設立時より「楽しい野球とは何か」を追求した結果「自ら考え自ら取り組む野球」にたどり着きました。
長年の指導者経験を経て、指導者が試合に勝ちたいと思えば思うほど、選手達の上達が遅れることに気が付きました。
その後、選手の自主性を重んじ成長を待つことに徹することでチームの責任者である私の価値観や目的は変わってきました。

現在、もっと高度な指導を求める選手や保護者の皆さんが増えてきています。
少年野球では物足らない、もっと上手くなりたいという方が野球スクールに通い出しています。
野球スクールでは希望により様々な技術指導を受けられますが、試合での意識の持ち方や連係プレーなどは会得しにくいです。一方、少年野球チームではチームプレーの経験値は増えますが、マンツーマンの指導が少なく高度な技術は身に付きにくいです。そして今、高度な技術や考え方をマンツーマンに近い状態で指導ができ、なおかつ試合などの経験を積むことができ総合的なレベルアップが可能な少年野球チーム、プロ野球選手や甲子園球児など具体的に大きな目標を持った選手や保護者の皆さんをバックアップできる少年野球チームが必要だと感じるに至りました。

TKドラゴンズでは、野球の楽しさを伝え子どもたちの自主性を引き出し、さらに上のレベルを目指す野球選手を育成することを目的とすることにいたします。