体験入団・見学の受付は、緊急事態宣言解除後となります。

はじめての方へ

TKドラゴンズHPにアクセスがはじめての方へ

楽しい野球とは何かを説明することは難しいことです。

個々のレベルによっても楽しさは違いますし、年齢による体や精神面の発育状況によっても楽しさは違います。

TKドラゴンズでは、個々の発育の差にかかわらない大きな定義として「自分自身でやる野球は楽しい」を基本的な考えとしています。

選手たちが自分でやる野球を手助けすることが私たち少年野球(学童野球)の指導者の大きな役割だと考えています。

指導者は、
「将来役に立つ指導し、プレーの本質を指導する」

選手たちには、勝つ喜びと努力する大切さを知り、自分自身でやる野球(少年野球)を実践してほしいと願っています。

現在、3チーム制をとり、41名(2021年6月1日現在)の団員が野球を楽しんでいます。指導者は、保護者ではない硬式野球経験者8名。

・M(メジャー)チーム(6年生以下の選手)14名
・3A(トリプルエー)チーム(5年生以下の選手)13名
・2A(ダブルエー)チーム(4年生以下の選手)14名
2Aチームには、2年生の選手2名もいます。
また、体験は緊急事態宣言後となりますが、1年生の募集を開始しました。

各チームのブログをぜひご覧ください。
毎週の活動内容や指導者の考え方などをご理解いただけます。
そして、ぜひ、ご入団を検討ください。

全チームの活動ブログはこちら

団員の募集・保護者の負担についてはこちら

指導方針はこちら

見学・体験入団を申し込む

TKドラゴンズ会長兼メジャーチーム監督
田中 肇 (たなか はじめ)
立命館高校硬式野球部、立命館大学硬式野球部出身
第55回選抜高校野球大会出場
2005年11月TKドラゴンズ設立