3月9日(土)ファームチームは上鳥羽グラウンドで練習を行いました。

この週は雨が多かったのですが、土曜日は晴れてくれて、この日も気持ち良く練習できました。

さて、この日は試合に行っていないレギュラーチームの選手たちも一緒だったので、主に新4年生になる選手たちは、レギュラーチームと合同で練習しました。

上級生と一緒に練習できたことや、ランダウンプレーといった少し高度な練習をできたことで、刺激になったのではないでしょうか。

主に新3年生以下の選手たちはこの日も基礎的なことをしっかりするということで、キャッチボールをしっかり行ったあと、ノックを長めに行いました。

でも、単調な練習はどうしても集中力が続かないので、捕球できたらレベル1→2→3という感じで、打球のレベルが上がるというゲーム的?要素を取り入れたところ…とても盛り上がりました。最後の方はほとんどの選手が最初より難しいボールを捕球できていました。

次はトスバッティングをしたのですが、外野フェンスから約20m離れたところから、今回は特別にフェンスを超えたらジュースという条件で行ったところ…これまたとても盛り上がりました。

上鳥羽グラウンドのフェンスは5mくらいあるので、この年代ではそう簡単ではないと思ったのですが、フェンスオーバー2人、フェンス最上段に当たった選手が多数と、先週同じ練習を今出川グラウンドでしたときは全然だったのに…改めて選手たちのポテンシャルの高さを感じると同時に、ゲームとジュースというキーワードの重要性を認識しました(笑)

最後はせっかくの大人数だったので、レギュラーとファームをシャッフルしての紅白戦で練習を終えました。

先日の育成大会の内容から、最近は打撃にやや重点を置いて練習をしています。この日は新3年生以下の選手たちについては少し成果が現れたのかなと思うので、気を抜かず取り組んでほしいと思います。