12月22日(土)京都ガーデンパレスにおいて、TKドラゴンズ第12期生卒団式を行いました。

総勢78名が参加する盛大な卒団式となりました。

TKドラゴンズの妖精に扮した梅澤コーチと千葉コーチの登場から「グレートTKショー・最強軍団の卒団」と題した卒団式がスタートしました。

ミュージカル風に仕上げたオープニングで、卒団生たちは見事に舞台の主役を演じきってくれました。カッコよかったです!彼らに引き込まれました。

私の挨拶もミュージカル風で頑張ってみました(笑)終盤泣きそうになるのをこらえるのが大変でしたけど・・・

 

いや~、しかし団員、保護者合わせて78名は壮観でしたねぇ・・・

マックス80名のフロアでしたが、びっしりと席が埋まっていて卒団生も嬉しかったと思います。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

池本MGが乾杯の発声。卒団生に負けない大きな声で「乾杯!」・・・よかったです。

食事中には瀬古コーチが担当した約11分間のスライドショー。思い出が甦ります。

歓談中には私の席まで皆さんにビールをつぎにきていただきました。お腹がちゃぽちゃぽになりましたが、いろいろお話ができて良かったです。

卒団生へ卒団メダル授与。一言ずつ声を掛けてメダルと記念品を贈りました。

私、ここでいつもは泣いてしまうんですが、今年は何か晴れ晴れとした気持ちで卒団生にメダルを贈ることができました。これからの彼らの活躍を想像すると、楽しみな気持ちになったんでしょうかねぇ。TKドラゴンズが彼らの飛躍の始まりであってほしいという気持ちでした。

卒団生が一人一人挨拶。

みんなしっかりしゃべってくれました。全員、良い顔をしてました。いろんな個性があり、素直な気持ちで挨拶をしてくれたと思います。

1年でみんな立派になったな~と、つくづく実感しながら、一言一言かみしめるように聞かせていただきました。みんな頑張れよ!そして、ありがとう。

卒団生の保護者の皆さんからも、ご挨拶いただきました。「TKドラゴンズに入団して良かった」と多くの方に言っていただき、嬉しい限りです。

子どもたち同様、保護者の皆さんも今年度は個性的な面々が揃っていました。

敏腕マネージャーから剛腕マネージャーへと進化した池本さん。

冷静沈着、頼りになる立石さん。

名スコアラーで時には私からとばっちりも受けた石原さん。

宴会部長で涙もろい栄木さん。

武闘派親子鷹、渡辺さん。

のんびり屋で涙もろい三浦さん(酒癖には難があるらしい)。

おっちょこちょいの中村さん。

久しぶりに顔を見せてくれた熊谷さん。心の強さの秘訣を教えてくれた井上さん。(井上さん、ごめんなさい。井上さんの話を聞き込んでいたら写真撮るの忘れてました、、、S)

皆さん、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

卒団生保護者の皆さまから卒団記念として、TKのロゴ入りバットケースと木製バット2本をいただきました。ありがとうございます!大切に使わせていただきます!

学生コーチにも卒団メダルが贈られました。藤原コーチと梅澤コーチ。1年間ありがとう。それぞれの地元で就職しても、たまには顔を見せてくださいね。

この二人からも卒団記念として、TKのロゴ入りボールケースをいただきました。ありがとう!大切に使います!

 

第二部は表彰式。年間個人タイトルと選手間投票で決定した年間優秀選手、最優秀選手の発表です。

首位打者・・・・池本京将 4割7分1厘

打点王・・・・・池本京将 32打点

本塁打王・・・・池本京将 4本

盗塁王・・・・・石原晶太 36個

最多勝利投手・・三浦優心 5勝(2敗)

 

最優秀選手・・・池本京将

優秀選手・・・・栄木陽天

優秀選手・・・・渡辺晴喜

最優秀スタッフ・・池本裕二

 

受賞者のみなさん、おめでとうございます。

新キャプテンの発表も行われました。先日の選手間投票で新キャプテンに樋口唯斗、新副キャプテンに瀬古遼太郎が選出され、代表して樋口唯斗が挨拶をしてくれました。

「来年はきぬかけ杯に優勝します」と力強く宣言してくれました。池本キャプテンから背番号10番を渡され、新旧キャプテンの引継ぎが行われました。頑張ってや~!

次に来年度のスタッフを紹介させていただきました。(敬称略)

(レギュラーチーム)監督・田中、コーチ・瀬古、金城、MG・立石、グラウンド手配・夏原

(Bチーム)監督・千葉、コーチ・白崎、MG・舛添

(役員)相談役・池本、保護者OB会長・栄木、OBキャプテン・田中、戸澤

来年度はこのメンバーでスタートいたします。よろしくお願いいたします!

 

最後に卒団生が団旗を掲げて行進~記念撮影会~全員でブリッジを作って送り出し~お見送り・・・。

盛況のうちに卒団式は幕を閉じました。

 

 

いや~、ホントに盛りだくさんで・・・あっという間の3間でした。

今年度から、私の意向で5年生の保護者の皆さんが中心になり、卒団式を執り行っていただくことになりました。そして、成功させていただきました。

お母さん方には受付嬢。立石さんにはホテルとの打ち合わせやメダル・賞状・記念品の準備、資料の準備。瀬古さんには司会進行と全体の進行表作り、全体の進行ディレクター、スライドショーの作成。金城さんには卒団生の誘導、準備の補佐。樋口さんには全体照明と音響。堀部さんにはスポット照明。梅澤君にはタイムキーパー、オープニングキャスト、表彰アシスタント。千葉君にはオープニングキャスト、音響補佐、表彰アシスタント。藤原君には表彰アシスタント。

皆さん、ありがとうございました!

お蔭さまで、卒団生の保護者の皆さんや、4年生以下の在団生や保護者の皆さんには、満足していただけたと思います。

今回は、スタートから17分間のオープニングの演出・監督を私が担当させてもらいました。少年野球チームの卒団式ではありえないような難しい注文に、司会・照明・音響・タイムキーパーの皆さんにはリハーサルを積み重ねていただき、半端ない緊張感のもと大役を果たしていただきました。感謝、感謝。

来年は、卒団生の保護者として、ゆっくり楽しんでくださいね。

 

 

さて、今年度も無事に全ての予定を終えることができました。ありがとうございました。

来年度はどんな1年になるんでしょうか。

いろいろ楽しみですね。がんばりましょう!