あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

1月6日(土)御所グラウンドにおいて2018年度の初練習を行いました。
ストレッチをしていただくのは赤沼さん。
なにしろこの方の専門分野なので助かります。

遠投、ベースランニングの記録を計測しました。
小学生は伸び盛りなんで、数か月で大きく数値が変動することもあり、この測定は定期的に行います。
野球においてこの二つの数値は適正なポジションや打順の重要な判断基準になります。
例えばピッチャーなら球速を計らずとも遠投の距離でおおよその球速は判定できますし、キャッチャーのスローイングのスピードも判定できます。
足の速さは走塁や守備力の判断材料になります。
プロ野球の一般入団テストの一次テストはこの二つだけなんです。
ドラフトにかからない選手は肩と足で判断するんです。

私はこの日が仕事でして・・・
朝に新年の挨拶をした後すぐに帰りまして、測定は見てないんですが、池本マネージャーからの結果報告を見させてもらいました。
予想通りの選手もいましたし、予想と少し違う選手もいます。
しかし、今年は身体能力が全体的に高いと感じています。
非常に楽しみです。

さあ、いよいよ新チームの指導開始です。
今年度はレギュラーチームと5年生を中心としたBチーム、ファームチームという構成で指導を行う予定です。

Bチームは年間16試合前後の試合数をこなす予定です。
試合経験を積まずに来年レギュラーチームとしてプレーするのは心配なんで、金城監督、藤原コーチのもと十分経験を積んでもらうつもりです。

ファームチームは低学年が中心で梅澤コーチが主となり野球の基礎を指導します。

レギュラーチームは練習試合を含めて年間27試合前後の予定です。
春、夏の天一杯では上位進出を狙いまっせ~!
夏、冬のきぬかけ杯では打倒アカスポを念頭に置きタイトル奪還を目指しますよ~!

今シーズン、レギュラーチームは能力の高い選手が揃っており、スタメンには6年生が大半名前を連ねる強力布陣となる予定です。
昨年の反省をふまえて、今年のチームでは昨年とはまた違ったチーム作りをして行こうと思っています。
いろいろ反省した結果、個々の選手の役割を決め打ちしすぎたのだろうと思っています。
2年か3年かけて指導するなら決め打ちで育てる方法で良いと思いますが、1年では無理があったと感じています。

今年はいろんな意味での全員野球をしようと決めています。
個人的なレベルアップと全体のレベルアップを同時に指導していこうと思っているんですが・・・
レギュラーチームの全員に私の野球理論を注入し、野球に対する理解を深めてもらうつもりです。
希望的観測ではなく全体の力量を把握しながらの指導になりますが、1年で見違えるチームにできると感じています。
コーチ陣の力も重要な要素になってくると思います。

私の考える野球の基本は変わりないのですが、アプローチを変えてみようと思っています。
楽しみにしておいてください。

レギュラーチームは1月はキャンプのつもりで試合はしない予定です。
2月から天一杯、きぬかけ杯に向けて試合を重ねてまいります。

最後には素晴らしい1年だったとみなさんとともに振り返れるように指導してまいります。