自主性を重んじ中学・高校で活躍できる選手育成 少年野球チーム

竹の子リーグ新人戦(5年生以下)

昨日は、5年生以下のチームの新人戦でした。
いわゆる来年のチーム体制での初戦となりました。

洛東(安朱)ベースボールクラブ 0 3 1 0 0 0 4
TKドラゴンズ         1 0 0 1 2 0 4

結果は引き分けの勝ち点1でした。(初勝利はお預け・・・)
普段、分かれて練習をしている選手たちですので、連携プレー等に不安を抱えていましたが、結果的には1点を争う好ゲームとなりました。

その要因はピッチャーの先発黒田(寛)、中継ぎの服部、抑えの崔の3人が安定した制球で試合を作りました。
黒田は元々はキャッチャーが中心でしたが、強肩と度胸の良さでピッチャーもやることとなり、昨日の試合も逆転を許しましたが、それでも動じず2回をきっちりと投げ切りました。

服部、崔ともストライク先行で接戦を継続させ、結果引き分けに持ち込みました。

課題は、ランナーが出た後に、すっとホームへ投げていて、相手に盗塁をし易くしていました。
けん制球を投げなくとも、プレートを外したり、間合いに強弱をつけたりと、ランナーのスタートを遅らせる工夫は必要ですね。これから経験を積んでいって欲しいですね。

攻撃では、4回に1-4で負けていて、チームの雰囲気も悪い時に、4番の黒田(寛)が豪快なホームランを打ってくれました。その一打でチームも同点に持ち込むことが出来た一撃でした。

結果、こちらはヒット5本、相手は3本とヒット数では打ち勝ってたのですが、
先ほどの盗塁阻止もそうですが、簡単にランナーを3塁まで行かせると、点を取られる確率が高くなります。余計な点を与えない。
来年のチームはピッチャー陣も安定していることから守備力を上げて、勝てなくとも負けないチームに仕上げていきたいですね。もちろん打撃力も向上させて相手を圧倒することも目指しますが。

最後に、なかなか接戦となると他の選手を出すことは難しいのですが、その中でも試合前に選手たちに話した、全員でいろんな役割(ボール、バット引き、ランナーコーチ)をきっちりやろう!!と言ったことがよく出来ていました。

このチームでしたら初勝利もすぐに実現できそうですね。
楽しみです。

TK_全チーム活動ブログの最新記事8件