10月21日(日)秋晴れの中、東野公園野球場にて、竹の子リーグ公式戦に参加させていただきました。

今回は、田中会長の下で監督としての勉強をさせていただきながら試合を見ていた、藤原からお送りします。

野球を始めて約13年になりますが、自分がプレーすることと、子供達に教えることは、全く別の難しさがあり、監督の勉強は、非常に貴重な経験でした。

 

では、試合を振り返ります。

小金塚ファイアーズさんとの対戦結果は、20-1で勝利することができました。

 

1回の表、TKドラゴンズは2番金城のヒットなどで先制のチャンスを迎えますが、無得点で終わります。
するとその裏、先頭バッターにいきなり3塁打を打たれワイルドピッチで先制点を与えてしまいます。

2回、TKドラゴンズの攻撃。先頭の井上がライトへの三塁打でチャンスメイクすると、続く内藤の当たりが相手のエラーを誘いすぐさま同点とします。
その後も相手のミスにつけこんで3点を奪い、逆転。

2回以降、先発瀬古は四球でランナーを出すも要所を締めるピッチングでよく投げてくれました。

3回、TKドラゴンズはツーアウトランナー無しからエラーや2番金城のランニングホームランなどで一挙に9点を取り、試合を優位に進めます。

続く4回も相手チームのエラーや四死球で8点を取ったところで時間となりゲームセット。

 

ベンチ入りメンバー全員が試合に出ることができ、それぞれ良い経験にもなったと思います。

しかし、

ランナーコーチを含めた走塁、

守備の時の声

など改善していかなければならない点も多く出た試合となりました。

今回出た課題は今週の練習で改善します。

 

 

ただ、反省点ばかりの試合だったというわけではありません。

特に攻撃面では田中会長の魔法の一言からいい当たりを打つ選手が何人もいました。

特に5番打者の堀は、ヒットこそ出なかったものの、次の試合に期待を持たせる雰囲気が漂っていました。

 

いい感覚を試合で掴めた選手は、忘れないように自主練習に励んでほしいです。

 

選手だけでなく私も非常に収穫のあった一試合となりました。

来週はいよいよ新人戦です。

全員野球で勝ちに行くでー❗️

 

B,Fチーム用に自主練習の動画を作成していましたが、より良いものを目指してもう一度作り直すことにしました。動画を待っていた選手はすいません。レギュラーチーム入りを目指す5・4年生に向けて作成していきますので、しばらくお待ちください。動画が完成するまで待てないという方は、いつでも聞きに来てくださいね。