11月18日(土)19日(日)、丹波自然公園にてレギュラーチームはきぬかけ杯へ向けての強化合宿、ファームチームはきぬかけ杯ジュニア大会、天一杯に向けての強化合宿を行いました。
選手、保護者、スタッフ総勢約50名(宿泊者39名)が参加する過去最大規模の合宿となりました。

丹波に向かう朝。
雨・・・
天気予報は土日ともに雨模様・・・

もう慣れた。
雨でも何でも降ってこい。
現地到着。
雨。
別の場所の体育館を手配。
100%の確率で雨を降らせる男、梅澤コーチが来ている。
いきなり車に乗っておけという指令が・・・
んな可哀想な(笑)

しかし、10時過ぎにはほぼ雨もやみ水はけの良いグラウンドにも助けられて、1時間遅れで練習を開始することができました。

午前中はまだグラウンドがゆるく、芝生での練習。
今回は「大きな声、俊敏な動き」をスローガンにしており、コーチ陣からも激が飛ぶ。

昼食後に事件勃発!

1時過ぎに集合をかけると・・・
あれ?
レギュラーチームが6人しかいない????
どこ行った?
「すべり台で遊んでます」
なんでやねん!
1時に集合とは言ってないが、いつも昼休みがだいたい1時間ぐらいなんやから1時ぐらいにはグラウンド周辺の「集合」という声が聞こえるところにいてよ????

結局、呼びに行って1時15分に6年生の大半と少しの5年生が到着。
そら怒られるわなぁ。

「きぬかけ杯前の合宿にお前ら何しに来てるんや!走ってこい!」

遅刻をしていない選手6名はノックで技術を磨いた。
53分後に休憩。
休憩後、6名はフリーバッティング。
遅刻組は「もう1時間走ってこい!」
絶望に崩れ落ちる遅刻組・・・

私は、
根性野球は嫌いだ。
罰で走らせるのも嫌いだ。
いくら走っても上手くはならない。
そんなこと分かっている。

だが、今年の6年生には地獄の淵を見せようと思った。
理由はきぬかけ杯に優勝したら語る。

「だいじな時にもったいない・・・」
瀬古コーチがボソッと進言してくれていた。
こういうひと言は大切だ。
カッカきている頭を冷やしてくれる。

7分後、ランニング終了。
合計1時間のランニングであった。

ただ、選手たちにも遅刻してしまう理由はあった。
ランニングの後から聞いた話だが、コーチの一人に「すべり台で遊んで来たら?」と言われていたらしい。
6年生と言えどもまだ子どもだ。そう言われたら遊びに行くわなぁ。
走らされている選手を見て、コーチも「しまった」と思ったろう。

「もう戻った方がええで」と言った子もいただろう。
顔に書いてあるのでだいたいわかる。

不条理なことが世の中にはある。
不条理をよけて通るすべもまたある。
何かしら知恵をつけてほしい。

ただ、この子たちは偉いと思った。
一切言い訳をしなかった。
あっぱれ!
私は潔いこの子たちを誇りに思う。

ということで、2時半から通常練習に戻ったが、予定してた練習はほとんど消化していない。
明日にできるだけ取り戻そう。
すんだことはグチグチ言わない。

さて、
風呂に入って、夕食だ~!
お風呂はにぎやかだ。
みんなで一緒に風呂に入ることもこんな機会しかないんで楽しいでしょうなぁ(笑)

夕食は、なぜかおかずのお代わりが禁止なので、最初に盛る量が悩ましいんです。
足らんより多い方が良いのでかなりの大盛になります。
こんなことも楽しい思い出です。

イカリングは揚げても揚げてもすぐに大皿から消えてしまうので、厨房は「どんなけ食べるねん」と半笑いでイカリング揚げに追われていました。

で、その後はミーティング。
レギュラーチームとファームチームに分かれて30分ほど行いました。
レギュラーチームは、特に戦術に関して言うことは無く、ちょこっとサインについての打ち合わせ。
新しいサインを選手に考えさせたんですが、一番笑ったのが「自分の耳をかむ」・・・
こいつらあほや(笑)
どっからそういう発想が出てくるのか分かりませんが、センス良いよねぇ。
次に笑ったのが「でこから鼻、あごにかけてツーっと指でさわる」
そんなサイン見たことないわ!
でも子どもたちのセンスってすごいなぁと感心してしまいます・・・

こんなミーティング見たことないわという顔を初参加のスタッフはしてましたが、これがなかなか効率が良いんですなぁ。
自分たちで考えて笑いながら行うと絶対に忘れないんです。

最後に明日のそれぞれの目標を決めて終了。

就寝までの自由時間。
スタッフは少し飲んで労をねぎらい、子どもたちは枕投げ。
子どもたち、さすがにこの日はたっぷり走って疲れたのか、流血騒ぎが一度あったきりで早々と寝ておりました。
流血騒ぎ!って・・・一度きりでもあかんやろ????
まぁ大したことなくて良かったけど・・・怖い怖い。

二日目・・・

フリーバッティング、個人ノック、ピッチングを併用で行う。
攻撃面の戦略を繰り返し練習。

昼食

さすがに遊びに行った選手はいませんでした(笑)

今回は、恒例のお父さんノックは封印してお父さんバッティングを行いました。
私がピッチャーでお父さん、スタッフ全員が1打席の真剣勝負!

私も真剣に投げましたよ。
球は遅いですがストレート・カーブ・スライダー・ツーシーム・フォークを投げ分けると簡単には打たれません。
ヒット性の当たりは岡島さん!
そして藤原コーチ!
いつもは子どもたちにお父さんのカッコイイところを存分に見せてあげるんですが、今回は口うるさそうな(笑)お父さんが多かったので、思うように打てないということを実感してもらいました(笑)
野球って難しいもんだなと思っていただけたでしょうか(笑)

最後は藤原コーチが投げて、私が打たせてもらいました。
えっ!アンダースローなん!
私、左打者なんでアンダースローは得意なんです。
レフト前ヒット!
藤原コーチの「もう一回お願いします」でファーストゴロ。
私の「もう一回」でライトへのライナー。
お~!会心の当たり!・・・・やっやばい!
ひえ~ネットに当たった~!助かった~
危うくグラウンドの傍の家の窓ガラスを割るとこでした????
21才対52才は今回は52才が勝たせてもらいました。

午後からは、試合を想定してのシートバッティング。
予定していた練習の8割は消化できました。
あとは今週の練習でやれば大丈夫でしょう!

いろいろありましたが、密度の濃い合宿となりました。

お手伝いに来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
スタッフ、コーチ陣の皆様お疲れ様でした。
宿泊の申し込み、弁当の手配などしていただいた夏原コーチ、ありがとうございました。
撮影を担当していただいた吉村さんありがとうございました。
配車の段取り、ファームの指揮を執っていただいた金城監督(監督代行から正式に監督として任命します・・・今っ(笑))ありがとうございました。
ファームの指導に専念してくれた藤原コーチ、梅澤コーチお疲れ様でした。
合宿の総指揮を執っていただいた池本マネージャー本当にお疲れ様でした。
みなさんのおかげで良い合宿ができました!厚く御礼申し上げます。

今回の合宿で選手たちが成長し、きぬかけ杯を笑顔で終えることを願っています。

さぁ!
行くぞ!