8月12日(日)勧修寺グラウンドにおいて、天一杯1回戦が行われました。

勝ちました!

池本の劇的なサヨナラヒットでベンチ、応援団は大騒ぎとなりました!

天一杯初勝利です!

昨年の春から出場して4度目で1回戦突破です!

 

対戦相手の池田ファイターズさんは昨年の全京を制したチーム。

今年の全京ではベスト8まで勝ち進んだ超強敵でした。

選手たちは、下馬評を覆し大番狂わせをやってくれました!

選手、ベンチ、スタッフが一丸となって上げた1勝です。

 

 

天一杯1回戦

 

池田ファイターズ 0 0 0 2 0   2

TKドラゴンズ  0 2 0 0 1X  3X

 

(勝投手 池本 2勝)

先発は池本。

立ち上がりから気合の入ったピッチングだった。

初回、2アウト2塁3塁のピンチで5番打者を三振にとり波に乗った。

3回まで1安打無失点の好投が続く。

 

2回裏、6番赤沼が四球で出塁。

1アウト後、8番瀬古のセカンドゴロでランナーが入れ替わり2アウトランナー1塁。

すかさず瀬古が二盗を決め2アウト2塁。

9番立石雄大の当たりはボテボテのサードゴロ。3塁をオーバーランした瀬古が挟まれる。

ベンチからの「粘れ!」の声に応え瀬古が三本間で三度四度と逃げまくり、最後はスリーフィートギリギリでキャッチャーをかわしホームイン!

池田ファイターズから先制点を奪った。

ランダウンプレーの間に立石は3塁へ到達。この走塁は大きかった。ナイスラン。

続く1番石原寛太の初球にワイルドピッチ!

立石が反応しホームに突っ込み2点目を奪った。

 

4回表。

池本は二巡目のクリンナップを迎える。

3番にライト前ヒット、4番にショート内野安打をくらいノーアウト1塁3塁のピンチ。

タイムを掛けマウンドに内野手が集まる。

「1点は良い。3塁ランナーは放っておけ。1塁ランナーが走ったら迷わず刺しに行け」

と指示を出した。

5番打者の初球に、1塁ランナーがスタート。

キャッチャー栄木は迷わずセカンドに送球!

ドンピシャ!

ショート三浦がタッチ!

アウト!

よっしゃー!

ビッグプレーが出た。

3塁ランナーはそのまま、1アウト3塁。

 

これで安心したわけではないが5番打者に池本が投じた4球目が少し浮いた。

左中間に同点弾をくらった。

池田打線は少しでも甘く入るといかれる。初回から丁寧に低めを投げてきた池本だが、1球の投げミスをとらえられた。

2-2。

しかし3ランにならなくて良かった。

後続を打ち取り同点でこの回を終えた。

 

TKは2点を先制したものの、3回4回を0に抑えられ、ラストチャンスを待つ。

 

4回裏が終了した時点で1間10分が経過していた。

5回の表裏で時間切れで試合は終わる。

 

池田は9番打者からの攻撃。TKは1番からの攻撃。やや有利かと思われた。

のだが・・・

 

5回表。

池本が9番打者にストレートの四球を与えた。

マウンドでガックリする池本。

自分に腹を立てている。

このパターンはいかん。

池本が冷静さを失いかけているとみてピッチャー交代を告げた。

マウンドで殺気を放っている池本に近寄ろうと思ったのだが、私めがけてグラブを投げつけられそうだったのでマウンドへは行かなかった。

レフトから渡辺がマウンドに向かう。

池本は三遊間で思いっきり土を蹴りながらレフトへ。

本当に笑える。

ピッチャー仕様の性格むき出しだ????こいつは大投手になる。ただ大投手以外につぶしは効かない。

「とりあえずレフトで頭を冷ましてこい」

 

この大変な場面でマウンドに立つのは渡辺。

渡辺も強心臓の持ち主なのだ。

どんな場面でも投げたい気持ちしかないのでビビらない。

初回から「投げたい投げたい」と呪文のように心の中で唱えている。

2度目のマウンドが天一杯の最終回同点でノーアウト1塁て・・・

普通の選手なら泣きたくなる場面である。

投球練習の前に渡辺には「何にも考えんと投げろ」とだけ言った。

で、私がベンチに帰ろうとすると

「会長、どこ踏んだらいいんですか」

「ん?」

そうか、ピッチャープレートが埋め込まれているマウンドは初めてか!

「ここをこうやって踏むんや」

・・・ってこんなピッチャー大丈夫なんか?とファイターズは思いますよね・・・

 

ノーアウト1塁。

1番打者。2ボール2ストライクからの5球目。

インコースにドーン!

ストラーイク!

見逃し三振!

ベンチから歓声が上がる。

この1アウトはとてつもなく大きい。

流れを引き戻す渾身の三振だ!

よくやった渡辺!

 

2番打者。

デッドボール。

1アウト1塁2塁。

3番は池田の主砲、加藤君。

加藤君に限っては、池本しか抑えられない。

 

再び池本をマウンドへ送る。渡辺はレフトへ。

 

冷静さを取り戻した池本がマウンドに立つ。

最後は池本に託す。

 

2球目、ワイルドピッチ。

1アウト2塁3塁。

バッター勝負に変わりはない。

2ボール2ストライクからの5球目。

左打者加藤君のインコースに切れ込む!

つまった!キャッチャーフライ!

栄木が俊敏に反応しキャッチ!

2アウト2塁3塁。

 

まだ気は抜けない。

4番打者を迎える。

池本は丁寧に低めをつく。

フルカウントから1球ファウル。

7球目。

三遊間にゴロが飛んだ!

深い!

ショート三浦!

頼む!

一か八か三浦が右足を踏ん張って逆シングルでグラブを出す!

キャッチ!

ワンステップで1塁送球!

!!!!!!!

アウト~~~~~~!!!

ビッグプレーが飛び出した~~~~!!!

思わずベンチもガッツポーズだ!

このしびれる場面でスーパープレーが出たぞ!

三浦~~~~!よくやった~~!

 

5回裏。最終回。

何としてもサヨナラで勝ちたい。

同点で抽選はいやだ。

 

先頭1番石原寛太はセンターフライ。

1アウト。

2番石原晶太。

2球目を叩く!

レフト前~~~!

サヨナラのランナーが出た。

3番栄木の初球に石原晶太が二盗に成功。

1打サヨナラの場面が整った。

 

栄木セカンドフライ!

2アウト2塁。

 

4番池本。

初球ボール。

迷いはなかった。

 

TKスペシャル発動!

 

「終盤出すぞ」と言っていた。

池本は1打席目にヒットこそ打ってはいたが、力んでバットがスムーズに出にくい感じがあった。

振るしかない状況を作った。

 

2球目。

2塁ランナー石原晶太、スタート!

アウトコースやや低め!

とらえた~~~~~~~~~~!!!!!

ショートの上~~~~~!

左中間真っ二つ~~~~~~~!!!!

サヨナラ~~~~!サヨナラ~~~~~!!!!!

 

ベンチは総立ち~~~!

私もコーチも選手達もガッツポーズで雄たけびを上げる!

応援団も大歓声だ~~~~~!

 

石原がホームインした時点で試合終了だったが、池本は止まらない。

ベース1週してホームイン!

サヨナラホームランみたいにホームイン!!!

劇的だった。

よく打った。

よく勝った!!

 

おまえら最高や!

選手交代は一度もなかったが、ベンチの選手は全員で戦っていた。

本当のチームワークを見たような気がする。

スタッフも全員で戦っていた。

コーチ陣スタッフそれぞれに役割を担っていた。

細かいことは言えないが、例えば、瀬古コーチにはアップをお願いし、選手たちをベストな状態で試合に臨ませてくれていた。

全員で掴んだ1勝だった。

 

応援に来ていただいた保護者の皆様!

おめでとうございます!

ありがとうございました!

あ~疲れた(笑)

 

さて、

2回戦が楽しみですね。

がんばりましょう!