7月22日(土)御所グラウンドにてファームチームの練習を行いました。

今日はレギュラーチームの練習が休み。
きぬかけ杯が終わったため、一周だけクールダウンです。
来週から、レギュラーチームは5・6年生+瀬古(4年)、ファームチームは4年生以下というメンバーで活動します。
レギュラーチームは天一杯優勝・冬のきぬかけ杯2連覇を目指します。

ファームチームはきぬかけ杯ジュニア大会(日程は未定)の優勝を目指して佐藤監督のもと、今日から新たなスタートを切りました!

私も今日はクールダウンのため休む予定だったんですが、スタッフの人数が少なかったために途中からですがグラウンドに行きました。
今までレギュラーチームだけの指導をしていましたが、できるだけファームチームも佐藤監督とともに指導していくつもりです。
レギュラーチームもファームチームもどちらも盛り上げて行きますよ!

私からお願いなのですが、4年生以下の団員のお父さん、お母さんどちらでも結構なんで、時間があれば練習を見に来てくださいませ。
無理は申しませんが、私や佐藤監督といろいろお話をしましょう。
私はレギュラーチームの保護者の皆さんとは食事もしますし酒も飲みます。
チーム方針や私の野球観など聞いてもらい、よく理解していただいています。

しかし、なかなか低学年の保護者の皆さんとお話しする機会がないので、これからはTKドラゴンズ全体の保護者の皆さんといろいろお話させていただこうと思っています。
練習中でもいいですし、食事会でお話してもいいでしょう。
飲み代は私の方がいつも多めに払っていますのでご心配なく。
別に飲むことだけがコミニュケーションではありません。
できるだけ顔を見せていただきたいと思っています。

さて、
今日は2年生が一人、体験に来てくれました。
ファームチームの人数は少ないので、チャンスは大いにありますよ!
入団を待ってます!

シートバッティングを10イニング行いました。
今までレギュラーチームにいた金城、藤本はやはりよく打つねぇ。
その他はバットが振れてませんなぁ・・・スイングが見えるもの。
家で素振りしてや~!
素振りしたらスイングスピードは必ず速くなるし、ボールに当たるようになるから!

まぁそれでも10イニングで5点取ったのは大したものです。
最後の5イニングで3点取ったらジュース1本という約束でしたが、3点取りました。
盗塁もガンガン走って気持ちいいぞ!
ジュース代など安いもんです。

今日は5・6年生も何名か手伝いに来てくれていました。
助かるで!
6年の佐藤はよく声が出てた。
このくそ暑い中、大声を張り上げ続けるのはけっこうきついんです。
彼はあと半年で上手くなると思う。

また機会があれば会長のひとり言で触れますが、私は「声というのは必ずしも常に出す必要はないが、声は野球では一番大切な武器である」と思っています。
声が出る選手は「野球を知っている」か「素直にやる」選手です。
どちらも伸びます。

ファームチームの選手から声が出だしたら良いチームになるんだろうなと思いました。
レギュラーチームでさえ大半の選手は声が出ません。
理由は野球を知らない選手が多いのと、声はプレーの一番大切な要素であるということを知らない選手が多いのです。
声に関しては結構な時間を割いて指導していますが、まだまだ足らないのでしょう。

しかし、他のチームとは比べることはできません。
TKドラゴンズでは声を出すマニュアルは存在しません。
決まりごとが無いのです。
言わされる声など声ではありませんから。
手っ取り早く「こういう場面ではこの声を出せ」という指導をすれば声は出ますが、そんな声聞いていても私としては気持ち悪いだけです。
大人から見れば、声が出ているチームは強そうに感じますが、そうでもないのです。

丁度今、高校野球の夏の大会が行われていますが、どのチームも声は出ています。
しかし、強いチームと弱いチームとでは声に出して言っている内容は驚くほど違います。
バックネット裏からよーく聞いてみてください。
強いチームがどんなことを言っているかは会長のひとり言に書いてみます。

とにかく、自分の頭で考えて自らの意志で自らの口から出る声が武器となる声なんです。
言わされる声はただの騒音です。

話がそれました????

最後に
ファームチーム!
休みが多い!
練習に来る来ないは評価の対象にはしませんが、練習に来てくれないと忘れる。
誰?君。って思われないようにしてや。
現に佐藤監督は今日来ている選手がファームチームの全員だと思っていましたから。
彼の野球経験の中では練習を休むという感覚はないのです。練習に来てない=やめた・・・普通そうなんです。
TKが特殊なだけで・・・それが良いのか悪いのか分かりませんが、休みがちな選手は指導者からすると怖くてレギュラーは任せられません。
試合の日に休まれると泣きたくなりますから。

新しい団員はどんどん入ってきます。
素晴らしいHPのお蔭で体験希望の連絡は毎週のように入ってきています。
今、TKドラゴンズのような野球の本質を指導するチームが本気で求められています。
現在30名の団員を抱えていますが、もっと増えそうです。
2週間休めば新しい団員が1名入っています。
忘れられないように注意してくださいね。

今日、佐藤監督にこのメンバーで試合ができるチームに仕上げるよう私から指示を出しました。
佐藤監督も本気でチーム作りを行います。
これからファームチームも試合をこなしてもらいます。
ガンガン行くぞ!