3月24日(土)御所グラウンドにおいてアカスポさんとの練習試合を行いました。
昨シーズンはアカスポさんにはやられっぱなしで・・・今シーズンのきぬかけ杯を占う練習試合となりました。
結果は2連勝。
なんか久しぶりにアカスポさんに勝ったような気がします????
なんとか今年はいい勝負ができそうです。

では、振り返ってみましょう!

第一試合

アカスポ     0 0 0 5 1 0   6
TKドラゴンズ  2 0 0 0 2 3×  7

(勝利投手 栄木 2勝1S)

1回裏、先頭1番石原晶太がセンター前にはじき返し出塁すると、続く2番瀬古が四球、その後2つのエラーで2点を先制した。
しかし、その後ノーアウト2塁3塁からこの日5番に昇格した三浦のライトへの大きなフライをタッチアップミス・・・
もう1点ほしい場面でTKスペシャルを出すもサードランナーがサインを見ておらず名前を呼んでからサインを出したため相手バッテリーにはずされ追加点が取れなかった。
2点先制した後だけにもったいなかった。
このへんの動きはもう一度練習で修正する必要がある。

立ち上がりの三浦は完璧。
打者一巡は安心して見ていられる。

相手投手もアウトコース主体のピッチングで2回以降甘い球を待つよう指示を出していたTK打線は攻めあぐねていた。

4回表、突如三浦が崩れる。
先頭打者をエラーで出すと四球、3連打で4失点。逆転を許し尚、ノーアウト3塁。
三浦の球威も落ちてきていたため迷わず瀬古をマウンドへ送る。
マウンドに集まり、「瀬古でしのいでチャンスを待って栄木で勝つ」と選手たちには告げていた。

瀬古は残っていたランナーを返されはしたが、この回をしのいだ。

5回表、瀬古は長打をくらうも1失点。2-6。4点差。
この回からこの日午前中にBチームの体験に来ていた5年生の樋口にマスクをかぶらせた。

実はこの日「たまにはBチームの練習も見とかなあかんな」と思い、私朝からBチームの練習を見てたんです。
フリーバッティングでレベル4の声を出すキャッチャーがいるんで「誰?」と金城監督に聞くと「4月から入団する樋口君です」とのこと。
「即レギュラーチームで使えます」とお父さんには伝えておきました。
で、昼からの試合を見学しに来ていたんで、早速使いました。
「声で流れを変えてくれ」と樋口にはそう言って送り出したわけです。
見事に役割を果たしてくれました。

5回裏、攻撃の前に円陣を組み狙い球をアウトコースに絞らせた。
投げミスの甘い球が来ないまま2ストライクに追い込まれるので、カウントを取りに来るアウトコースを打っていく戦略をとった。
アウトコースの打ち方は今月の始めから練習しているのでその成果を出してもらおうと思った。

ワンアウトから1番石原晶太がアウトコースを叩きサードのエラーを誘う。反撃開始!
続く2番瀬古もアウトコースを逆らわず打ち返しショートへの内野安打。ランナーがたまる。
ツーアウト後、4番池本がセンターにタイムリーヒット!さすが4番!3点差。
続く5番三浦もレフト前タイムリーヒットだ!2点差。

6回表、どうしても0で抑えて最終回の攻撃を迎えたい。
瀬古はワンアウトからツーベースヒットされるが続く打者を三振にとりツーアウト3塁。しかし9番打者に四球を与えツーアウト1塁3塁。
ここでマウンドに「全力で投げろ!」と栄木を送った。
栄木は期待に応え1番打者をピッチャーフライに打ち取り0でしのいだ。

6回裏、時間切れのためこの回が最終回。
2点を追う。
アカスポはこの回から投手を代えてきた。
アウトコース狙いから球筋を見極める戦略に変える。

この試合、今一つ調子の出ていない先頭7番中村に代えて井上侑宇人を打席に送る。が、セカンドライナー。ワンアウト。
8番樋口が四球で出塁する。さぁ一人出た。
9番2回に初ヒットを放っている石原寛太も四球を選ぶ。よしっ、同点のランナーだ。
盗塁でワンアウト2塁3塁。
続く1番は絶好調の石原晶太!
頼む~~!
2ボール1ストライク。
四球目を迷わずスイング!
打った!打球は三遊間!破った!1点差!
もうイケイケだ。
2番当たっている瀬古。
「サヨナラヒット打ってこい!」と打席に送る。
その声を聞いて瀬古が「やったるで!」と言わんばかりにニヤッと笑う。

1ボールからの二球目を振りぬいた!
打球は!
1、2塁間真っ二つ~~~!
石原寛太が同点のホームを踏んだ!
返球が乱れている!
石原晶太もホームイン!
逆転サヨナラ~~~~~~~~!

劇的だった。
思わずスコアラーの石原父と握手をした。
久々に興奮した。
しのぎにしのいで粘りに粘って勝った。
瀬古は最高の仕事をしてくれた。よく打った。
栄木は打者一人を抑え勝利投手。今シーズン自身2勝目。

第二試合

TKドラゴンズ  2 3 0 1 1   7
アカスポ     0 0 0 0 0   0

(勝利投手 栄木 3勝1S)

初回、ワイルドピッチで1点を先制しワンアウト2塁3塁から5番三浦がセンター前へタイムリーヒットを放ち2点を先制する。
2回表、2番瀬古のこの日3本目のヒットなどで3点を追加。
この試合ヒットはこの2本だったが、四球などで7点を奪った。

この試合は栄木だろう。
栄木は緩急をつけるピッチングで初完封をやってのけた。
前に先発した上鳥羽戦では完封まであと一歩というところで失点したが、その悔しさを晴らした形となった。
栄木は実践向きというかなんというか・・・
ボールが先行するのだが、ストライクが続く。遅いのかと思ったら速い。
打者としては打ちにくい。
つかみどころがないが、総じて良いピッチングだ。
栄木は1日で2勝の荒稼ぎで今シーズン3勝目。

3回裏、先頭打者を四球で出すが、熊谷が盗塁を刺した。
栄木のクイックも速い。
熊谷は上鳥羽戦でも盗塁を一つ刺しており、今シーズン2度目の盗塁阻止である。
二盗を刺せるキャッチャーは大きな戦力である。
まだまだキャッチャーとして指導しないといけないことは多いが、こいつの肩は素晴らしい。
何回か練習しただけで2度も刺せる身体能力にも驚かされる。
考えることが多すぎて打撃はぐちゃぐちゃになっているが、着実に上達している。

打撃では二試合を通して、石原晶太、瀬古の1番2番コンビがよくやった。
石原2安打3四球2相手エラーの7出塁、瀬古サヨナラヒットを含む3安打1四球の4出塁。
二人合わせて5安打11出塁。これはすごい。
1,2番がこれだけ出てくれたら点も入る。

三浦のバッティングが好調だ。
グリップから振りだすスイングをつかんだようだ。
8番から5番に上げたがクリンアップを任せてもポイントゲッターの役割を果たした。

4番固定の池本は2安打と安定している。
1本はセンター前へのクリーンヒット。もう1本は打ち損じがヒットになったが、微妙にボールの下を叩いただけ。
あと5ミリボールの芯に近ければホームランになっている。

守備は全体的に安定している。
2試合でエラーは3つ。
昨年とはえらい違いだ。
ショート三浦は前後に強い。後ろの打球も難なく捕球できる。
晶太のファーストも良い。寛太のサードも良い。
今後もっと守備理論を含めた指導していく予定なのだが、この時期にここまで来ているので、今年はかなりレベルの高い守備陣が完成すると思っている。
楽しみだ。

さて、また来週の練習でレベルアップです。