自粛期間から解放されたと思ったら今度は梅雨。なかなか思うように野球ができませんね。

そんな今だからこそ、オンライン指導で固めた基礎をもう一度振り返って固め直しましょう。

きっと、自分が思っている以上に元に戻ってしまっているでしょう。当たり前と言えば当たり前ですが、先を見据えている選手は少しでもやれることはやっているはずです。

〜現状維持は衰退の始まり〜

これは僕が高校時代に思っていたこと、チームに言い続けたことです。

現状に満足して同じことを繰り返してしまうと、”慣れ”から手を抜いてしまいませんか?

力加減の塩梅(あんばい)をコントロールできるようになってしまうんですね。これでは力は衰える一方です。もしかしたら元よりも悪くなる可能性もあります。

常に先を見据えて、理想の自分に近付くために何ができるのかを考え続ける必要があります。

しかし!!
これは現状でのMチームでバリバリのレギュラーに限ります。これくらいの選手ならば言わなくても考えてるし、これが当たり前だと思って野球に取り組んでいます。

TKの選手のみなさんは、基礎ができていない人もいます。指導を受けたことを理解できないままで返事をしている選手もいるでしょう。

そんな選手の皆さんに、僕なりのアドバイスです!

まず自分ができることを見つけよう!

キャッチボールなら逸らさずに終われる。

フルスイングをするだけで良いならできる。

フォームを気にしなくて良いなら、ゴロは一応グラブには入る。

などなど、なんでも良いんです。

そこから修正点を見つけ改善する。きっと考え過ぎて壁にぶつかることもあるでしょう。だけどそこで挫けない。改善した先には自分が目指す理想像があるのだから。

武器を見つければ良いのです!

全くできないことがあるのなら、会長やコーチにいくらでもアドバイスを求めれば良い。
できないことは恥ずかしいことではありません。

何かに突出した武器こそがライバルとの差につながります。

例えば、フルスイングを武器にして代打からレギュラーになるチャンスを得る。

試合にも出れてないのに最初からレギュラーなんて取れるはずがない。段階は踏むべきです。

武器を見出してもらうために自分で見つけて磨く。

試合でチャンスをもらって結果を残す。
けどこれだと代打しか無理かな、、、
レギュラーは守備もちゃんとできるな、、、
やらなきゃ、やろう。

先ほど書いた、現状維持は衰退の始まり、現状維持すらできていない選手もいます。

まずなにか一つ考えて行動して、自分の武器を見つけませんか?

できることが多くなると、野球の楽しさが何倍にも膨れ上がりますよ。

とは言え、練習ができていない現状ですので、オンライン指導で受けた指導の復習あたりから始めましょうか。

早くPlay Ballしたいですね!
野球したい気持ちを溜め込んで、次グラウンドでできる時に爆発させましょう!