「西浦5勝目&2試合4安打4打点!・鈴木貴重な2打点&3勝目!」

911日(日)東野グラウンドにおいて竹の子リーグ公式戦と練習試合を行いました。

2連勝で徐々にチーム力が上がってきています。

竹の子リーグ公式戦

嵐山東・松陽  0 2 0 0 1   3

TKドラゴンズ   0 3 0 1  X    4

(勝 西浦 53敗)

先発は西浦。

2回表、エラーと二つの四球で0アウト満塁から、ワイルドピッチとボークで2失点。

慌てなくても自分の球を信じて投げれば良いのだが、慌てるよねぇ。ちょっとずつはましになっていますがね。

ここ数試合は西浦を軸にローテーションを回しているので事実上西浦はTKのエースだ。自信を持ってもらいましょう。

2回裏、こちらも二つの四球と8番鈴木のセンターへのタイムリーヒット、二つのワイルドピッチで逆転した。

両チーム同じような感じの2回表裏だった。

4回裏、先頭6番小倉が相手エラーで出塁する。

代打山林の2球目に2盗を決め0アウト2塁。

山林のサードゴロの間に3塁に進む。1アウト3塁。

8番鈴木のショートゴロで小倉がホームイン。

小倉の走塁で1点追加したのだが、結果的にこの1点が効いた。

IMG_6681.jpeg

最終回、予定通り宮﨑をマウンドに送った。

2球投げて2ストライクを取ったところで、肩が痛いと言い出した。

慌ててマウンドに行くとピッチング練習から違和感があったらしい。

2試合目に先発予定の鈴木を投げさせようと思ったのだが、西浦が「僕行きます」と言った。

西浦の球数は70球を超えていたが、登板間隔は2週間空いているし6年生のこの時期ならもう少し行けると考え西浦に再度マウンドに上がってもらった。

西浦は1アウトから2番に四球を与える。

3番三振で2アウト。

すんなりいくかと思ったが甘かった。

長打だけを警戒していた4番だったが深い外野のその上をいかれた。右中間にタイムリー3ベース。

1点差となり尚2アウト3塁だ。

西浦に任せた。

5番、ショートゴロ。笠﨑がさばいてゲームセット。

1点差を逃げ切った。

西浦は完投?宮﨑が2球投げているので完投なのかどうかよくわからないがとにかく53失点で5勝目。最多勝争いの単独トップに立つ。

IMG_6689.jpeg鈴木が貴重な2打点をあげた。

1点差に迫るセンター前タイムリーと4点目をもぎ取ったショートゴロだ。

特に4点目は3塁ランナー小倉にゴロゴーのサインを出しており転がせば1点という場面だった。転がせば1点と思うがそんな簡単にはゴロは打てない。この鈴木の1打点は効いた。

IMG_6686.jpeg

TKドラゴンズは現在リーグ戦61敗、勝ち点18でトップ。

なのだが直接対決で負けている西山少年野球クラブさんが現在41分けで勝ち点132位。

TKドラゴンズが残り2試合に勝っても西山さんが残り4試合を全勝すれば西山さんのリーグ優勝が決まる。

自力優勝はないが、残り2試合は勝ちたいですね。

IMG_6683.jpeg

 

練習試合

少年野球クラブ麒麟児 0 1 0 0 1  2

TKドラゴンズ   13 2 0 0 X  15

(勝 鈴木 33敗)

IMG_6680.jpeg1回裏、0アウト満塁から4番西浦がライトオーバーの走者一掃タイムリー3ベースを放つと、ここから止まらなかった。

初回打者1610安打の猛攻で13得点し試合を決めた。

IMG_6700.jpeg

IMG_6704.jpeg首位打者争いをしている3番千間、4番西浦がともに3安打。西浦はこの日4安打で首位打者の千間にジワリと迫っている。

IMG_6677.jpeg9番山林が初の1試合2安打。

先発鈴木は31失点で3勝目。

4回からマウンドに立った黒田はメジャー初登板。21失点でまずまずの投球だった。今後ピッチング練習を重ねればもっと良くなるだろう。