5月4日は、大宮ジュニアさんからお声掛け頂き、5年生以下のメンバーで練習試合を行いました。

強豪チームとの練習試合は、相手のプレーから学ぶことも多く、子供達も良い勉強になったようです。

大宮ジュニアさん、ありがとうございました。

では試合内容を振り返ってみます。

第1試合 2-7 敗退
第2試合 12-5 勝利

投手陣の継投は次のとおり。

第1試合、瀬古→井上→樋口
第2試合、井上→千→立石→堀

中でも際立ったのが2試合目の千、立石の4年生コンビ‼

千はヒットとバウンドの高い不運なピッチャーゴロで1失点したものの、2三振を奪う。
腕を思いっきり振る投げっぷりの良さは、見ていて気持ちいい。
シンカーぎみ?に決まる球は小学生ではなかなか打てないものです。

もう1人は立石。柔らかな腕の振りから回転のいいボールが決まる。
振り逃げでランナーを1人許したが2三振、ピッチャーゴロと完璧に相手を封じた。

二人とも球速は普通に見えますが、球持ちが良く、回転の良い球を投げていました。ナイスピッチング‼

2試合目のストッパーをつとめた堀も良かった。試合慣れしていないためボークもあったが、ストレートは一級品。地肩の強さは魅力的で今後が楽しみです。

瀬古、井上は1イニング目の制球は安定しているものの、2イニング目にフォームが崩れてしまうところが課題。来週から修正していこう。

打線は、第1試合で内藤がタイムリーを放ったものの、全体的に沈黙。
大宮ジュニアさんの投手陣に封じ込められました。

第2試合は、藤本、下村の4年生コンビ、金城のタイムリーもあり先制。

白崎、桝添の3年生コンビが気持ちの良いフルスイング。
将来のTKを背負ってくれそうです。

全体に三振が少なくなってきていますが、もう一段階レベルアップするためには、個人練習も頑張って行こう‼

Fチームの選手達も頑張って練習すれば、Bチームの試合に出られるぞ。
20日の育成大会に向けて頑張って行こう。

保護者の皆様には、応援だけでなく塁審も担当して頂き、ありがとうございました。

20日の育成大会も、ご協力及びご観戦よろしくお願い致します。