9月8日(日)みどりが丘グランドにて、天一杯2回戦 精華アトムズさんとの試合を行いました。

Bチームとしての練習を普段していない上に、初の大きな大会で独特の雰囲気があった中、選手たちはよく頑張ってくれました。

試合結果

TKドラゴンズ 0 1 2 3
精華アトムズ 10 0 × 10

1回表
1番、青山(航)が3ボール・2ストライクからのインコースのボールをセンター前に見事なヒット。
すかさず盗塁を成功させるも後続が倒れ、この回は0得点。

1回裏
先発は青山(空)

この日の青山(空)は制球が定まらずヒット、四球、ワイルドピッチなどで1回途中で6失点。

2番手は、立石。内安打、四球、味方のエラーなどで4失点するも、しっかりと踏ん張った。

2回表
1アウトから、1回途中ライトで出場した7番 古我が6球目を見事に打ち返し、三遊間を破るレフト前ヒット。

ナイスバッティング!!

続く8番 森は、サードへの内安打で出塁。

その後2アウト1、2塁になりますが、1番 青山(航)は、1ボールからの2球目を1打席目と同じようにセンター前へ。

セカンドランナーの古我が一気にホームへ帰り1点を返す。
この日の古我は、気持ちが前面に出ており、走・攻・守すべてにおいて活躍してくれました。

2回裏
立石は、6番 ショートゴロ、7番 ピッチャーゴロに打ち取り、8番に四球を与えるも、9番をピッチャーゴロに打ち取り、この回0失点。

ナイスピッチング!!

3回表
1アウトで4番 立石。
1ボールから2球目をレフト前ヒット。

続く5番 吉村。
1ボール、2ストライクからの4球目を打ち、センターオーバーのスリーベースヒット。

重心が後ろに残ったナイスバッティング!!

1塁から立石が帰り2点目。

その後、森の内野安打等で吉村が帰り3点目。

しかし残念ながら、この回終了後に時間切れでゲームセット。

3-10で敗れました。

敢闘賞は青山(航)が選ばれました。
どのような試合内容でも、賞に選ばれるというのは素晴らしい事です。

4年生の杢谷も、ここ数日の打撃好調ぶりを見て、2番で先発出場しました。
Bチーム天一杯という大舞台で、重圧があった中、よく頑張ってくれました。
今後の成長が楽しみです。

来年は、このメンバーがレギュラーチームになります。

来月には竹の子リーグの新人戦予選リーグも始まります。

1人1人が日々レベルアップ目指し、がんばりましょう!!

田中会長をはじめ、スタッフ・保護者の皆様、ご声援いただきありがとうございました。

また、この炎天下の中で裏審判をして下さった青山さん、ありがとうございました。