7月21日(日)牛ケ瀬グランドにおいて竹の子リーグ公式戦が行われました。

この試合は相手チームが5年生以下のチームということでしたので、こちらもBチームのメンバーで臨みました。

結果は4-15と完敗。

 

竹の子リーグ

TKドラゴンズ     0 1 3 0  4

松陽ファイターズ 6 2 0 7  15

(負 吉村 1敗)

 

青山空が前日の試合で1イニングの投球だったんですが、脇に違和感がありこの試合の登板を回避。

エースが先発できないということで、勝ち負けというより天一杯の戦力分析という意味合いの強い試合となりました。

 

先発は吉村。

ピッチング指導も先月の合宿から始めたばかりでコントロールがまだまだです。ま、しゃあない。

吉村はレギュラーチームでも主力選手。打てるし守れる。球速も5年生では一番早いのですがコントロールが・・・時間はかかるでしょうね。コントロールを指導するのが一番大変なんですけどね。

 

二番手で投げたのが立石。2回2/3を2失点。今後、立石を投手として指導していきます。

コントロールも良いですし、球もそこそこ良い球持ってますし、一番良いのはボールが先行するとス―とストライクを取りに行けるところでしょうか。カーッとならず状況を考えて投球していますし試合を作れる投手ですね。レギュラーチームの試合でも主力選手として随分成長しています。

 

何といっても野球はピッチャーです。試合を作れるピッチャーを育てることが一番大切なんです。

3回表の3得点は、1番青山航の四球を足掛かりに、3番青山空の3ベース、4番立石の2ベース、5番吉村の3ベースという連打で奪ったもの。今のところ、このクリンナップ3人の打力はずば抜けています。レギュラーチームで6年生を押しのけてレギュラーを取っている3人です。

 

伊藤が1安打と記録はエラーですが、レフトにライナーを打っています。バッティングは良いものを持っています。守備でも自信を持ってやれば問題ないと思いますが、練習を積んで自信を付けてもらいましょう。

 

気になるところとしては、外野の守備でしょうか。

レギュラーチームでもそうなんですが、守備力の弱い選手はレギュラーを取れません。がんばりましょう。

 

この日、Fチームから森と杢谷を招集していました。

森はセカンドでスタメン起用、最後は初マウンドを経験させました。杢谷は途中で代打から出場しセンターの守備につき、最終回は初マウンドを経験させました。

4年生は14mでの投球ですので、この日は普段より2m長い16mということもあり難しかったと思います。

森は良いコントロールをしています。距離の違いを感じさせないピッチングでした。

杢谷は必死に投げていましたが、緊張していましたね(笑)なんとかしたいという雰囲気と悔しさは伝わってきました。

このFチームの二人ですが、試合での打席、守備、ピッチングの全てを見て、Bチームの天一杯終了後にレギュラーチームに昇格してもらうことしにました。

レギュラーチームに入って練習をしてもらいます。Bチームの試合ではスタメン起用が濃厚です。