体験入団・見学を募集しています。お気軽にお問合せください。

炎のクローザー守護神鈴木!2回零封だ!・千間1号弾!

3月7日(日)小畑川グラウンドにおいて、竹の子リーグ公式戦と練習試合が行われました。
公式戦は大宅アトムズさんに5-3で勝たせていただき、リーグ戦初戦を白星で飾りました。
森が3勝目、鈴木が2セーブ目、千間に1号ソロが出ています。
洛東ベースボールクラブさんとの練習試合は5-7で敗れましたが、3Aから招集された瀧上が、2試合合わせて1安打2ライトゴロ2打点の活躍で、3Aの天一杯が終わり次第メジャーへの昇格が決定しました。

公式戦
TKドラゴンズ 2 1 0 1 0 1     5
大宅アトムズ  0 1 0 2    0 0    3
(勝 森3勝1敗、セーブ 鈴木2S、本塁打 千間1号)

今シーズンのリーグ戦が開幕した。
初回、1アウト後2番桝添がレフト前にヒット。

3番本地がエラーで出塁。
2アウト2塁3塁の先制のチャンスで、5番増田がセカンドへの強い当たりを放つ。これが相手エラーを誘い2点を先制した。

先発森は1回裏を2奪三振の三者凡退でかたづけ、上々の立ち上がりを見せる。

2回表、先頭7番千間が1ボール1ストライクからの3球目をジャストミート!
低い弾道が左中間を深々と破った!文句なしのホームランだ!3点目!試合の主導権をがっちり握る1点だった。

2回を終わって3-1となり、3回から相手エースがマウンドに上がった。昨秋の新人戦では、この投手を打てず敗れている。大きな体を生かした右の本格派で、速球に威力がある。しっかりスイングができていないと簡単には打てない投手だ。

4回表、5番増田がセンター前ヒットで出塁。

6番鈴木の四球で、相手エースから1アウト1塁3塁のチャンスを作った。突き放したい場面である一方、無得点なら相手に流れが行きそうな大事な局面。ここで打席に立つのは、この日3Aから招集されスタメン出場していた8番瀧上。
瀧上は初球から迷わずスイング!相手エースが投じたアウトコースの速球をまともに捉えた!1、2塁間を破る!当たりが良すぎてライトゴロ!しかし3塁ランナーがホームイン!貴重な追加点をたたき出した!でかした瀧上~!
相手エースから1点をもぎ取る価値あるライトゴロだった。

4回裏、森はエラーとパスボールなどで2失点。4-3。森は58球となりこの回で降板するが、安定感のあるピッチングだった。捕手が急造で投げにくかったと思うが、よく試合を作った。エースらしい投球だった。

5回裏、時間的にはあと2回。
1点リードでTKドラゴンズの絶対的守護神・鈴木をマウンドへ送る。ベンチは最少得点差で逃げ切り態勢に入る。
1点差であっても鈴木への信頼は揺るがない。
大宅アトムズは1番からの好打順。
鈴木の表情には気迫がみなぎる。
1番三振!2番三振!3番セカンドライナー!三者凡退!

やはり鈴木はすごい。
1点リードでマウンドに上がりズバズバ投げるその度胸、並みの心臓ではできない。生まれ持っての投手向きスペシャル強気性格だ。

6回表、相手は強打の4番打者を残すのみ。一発を食らっても、あと1点あれば確実に逃げ切れる。
ベンチ前で円陣を組んだ。「なんとか塁に出てくれ!あとは任せとけ!もう1点取って逃げ切らしたる!」
先頭4番森。フルカウントまで粘ってショート内野安打で出塁!よく打った森!足を使える最高のランナーが出た!

森は5番増田の初球に盗塁。左打者の増田では2盗まで。増田倒れて1アウト2塁。
右打者の6番鈴木の2球目に、森が3盗に成功!1アウト3塁。なんとか形は作った。
森にはゴロゴーのサインが出る。

鈴木が転がせば1点。だが、サードフライ。仕方ない。2アウト3塁。
7番千間に賭ける。
千間、初球ファウル。打つ気満々だ。2球目を振りぬく!強い当たりがセカンドの右に飛ぶ!セカンドがファンブル!千間の足が速い~!内野安打~!
逃げ切りを確信する1点が入った。

最終回、2点リードで再び鈴木がマウンドへ向かう。
4番ショートフライ。
5番センター前ヒット。
6番三振。
7番ファーストフライ。試合終了。
炎のクローザー守護神鈴木、堂々の2回零封だ!
TKドラゴンズ逃げ切り成功。しびれる試合だったが選手たちがよくやった。

森が3勝目、鈴木が2セーブ目。このコンビで勝ち星を稼ぐ。

練習試合
TKドラゴンズ     4 0 1 0  5
洛東ベースボールクラブ 0 3 4 0  7
(負 本地1敗)

この日の第二試合は投手陣不足。土曜日に急遽本地と桝添にピッチング指導をしたが、昨日の今日では無理がある。
勝敗は気にせず、清水コーチに采配を任せた・・・そんな可哀想な(笑)
三番手で投げた桝添は0に抑え、ワンポイントで投げられることは分かった。これは収穫だった。

先発の安念は2回3失点。
安念には指導するべきことはしている。自分の投げたいスタイルを貫いても良いし、私の指導を受け入れても良い。ローテーション入りは自分で掴んでほしい。

この日はメジャー選手が二人休んでおり、人数不足のため3Aから瀧上、小倉を招集していた。
瀧上は瀧本3A監督の評価も高く、先日の3Aの試合を見に行った際、パワフルなバッティングが目に止まりメジャー招集となった。

公式戦、相手エースから打点付きのライトゴロを打ち、能力の高さを実感した。
2試合目の前に「あと1本良い当たりのヒットを打ったらメジャー昇格」と本人に告げていた。プレッシャーをかけて結果を出せるかどうか、見てみたかった。
結果は、打点付きのライトゴロとセンター前ヒット。プレッシャーのかからない勝負強い選手だ。
2試合で記録は1安打だが実質3安打だ。
瀧上は淀みなくバットを振れる。守備も上手い。声が出る。明るい。間違いなくメジャーの戦力になる。

3Aの天一杯が終わった時点で、瀧上にはメジャーに昇格してもらう。
これでメジャーの5年生は4人。5年生のレベルが高い。増田も体調不良から復帰し、レギュラー争いも激しくなってきた。

公式戦で、千間が1号ホームランを放った。
前日の練習でスイングを修正した。まだまだ不完全ではあるが、修正できるともっと打てる。
千間に強い当たりが出だしたことで、次回から1番打者に戻すことができる。
たとえアウトになったとしても、1番打者に強い当たりを打たれると相手投手はダメージを受ける。出塁し走られると、これもダメージになる。
千間が1番に座り高い出塁率を保つと、得点力は一気に上がるし相手へのダメージも与えられる。
森は足が使えるが、打の主軸であり不動の4番だ。今のメジャーチームには、足が使えて長打が打てる1番打者が必要なのだ。

鈴木が良い。
鈴木は独特な体の使い方をする。ピッチング指導では彼の癖は修正せず、その中で最も制球力と球威、球速を引き出す方法を取っている。
本人も、貪欲に自分のものにしようと取り組んでいる。まだ5年生なので無理はさせない。大事に育てる方針だ。

さて、来週は北区の大会です。
まずは1回戦を勝ち上りましょう!