11月7日(土)横大路グラウンドにおいて、TKドラゴンズ親子野球イベントを行いました。
朝から雨が心配されましたが、なんとか天気も持ち、予定通りイベントを行うことができました。

午前中は3A・2Aは練習。その間に5年生以下の保護者を対象とした説明会&ミーティングを行いました。
例年なら5月頃に保護者との懇談会を行うのですが、今年はコロナの影響で3月~8月の体験が中止となっていたため、9月以降に入団された方が多く、今年はこのタイミングでの懇談会となりました。
TKドラゴンズの指導方針を説明した後、学年ごとの懇談会では、皆さん熱心な方が多く、自宅での自主練の方法やお子さんへの声のかけ方など、色々な質問が出てきました。
指導方針に基づき、答えさせていただきました。
選手のやる気を待つのが、TKドラゴンズの方針です。でも、選手のやる気を育てるのは私たち指導者の役割です。心の発育はお子さんによって、その時期は様々なのです。じれったい気持ちは分かりますが、我慢我慢(笑)保護者の皆さんは、お子さんと指導者を信じて焦らず慌てず、お子さんを見守り応援してあげてください。

それと、卒団式以降の5年生の入団を見合わせることも伝えました。
1年ではTKドラゴンズの考え方を保護者に理解していただくのが難しく、保護者の足並みが揃いにくいことが分かってきましたので、しばらく新6年生の入団は見合わせる方針です。

現在の団員数50名、その他にも現在体験中の方が数名おられ、年内に50名以上となり昨年末の50名を上回る気配です。
今年の初めに、年内に団員数60名に達する予想を出していましたので、コロナの影響を考えるとほぼ予想通りと言えます。
選手60名に手厚い指導ができる体制を、1年間かけて構築してきました。指導者も私以下学生コーチを含めて、現在10名になりました(保護者コーチ・監督は存在しません)。
来シーズンからは、メジャー監督・私、3A新監督・瀧本、そして新たに2Aの監督を4月頃に迎える予定です。学生コーチは卒業に伴い卒団するコーチが2名いますので、来シーズン初めは6名となります。1月以降2名増やし、学生コーチは8名を維持する予定です。

11時頃から、ホームラン競争を行いました。
学年別に設定したホームランラインを超えると、大きな歓声が沸き起こっていました。

ホームランキングは以下の通り。
4年生以下・・・鈴木
5年生以下・・・杢谷
M・・・宮田
保護者・・・小松さん
おめでとうございます!

小松さんのバッティングは凄かったですねぇ!迫力満点の打球で2本のホームラン!今でもトレーニングしてるんですかねぇ・・・
私と瀧本コーチは1本ずつで、なんとかギリギリ面目を保ちました(笑)

昼食後、お父さんバッティングと銘打ち、指導者が投げる本気の球をお父さんに打ってもらおう!という企画を行いました。
普段はお子さんに偉そうに言ってるお父さん、打てるもんなら打ってみてください!ということなんです(笑)

投手陣は、清水コーチ、藤本コーチ、北村コーチ、私の4名。
打者の雰囲気を見て、私がピッチャーを選びます。
見事ヒットを打ったのは、本地さんと森さん。
根性がありそうな本地さんには、コーチ陣最速の球を持つ清水コーチを当てました。

ただ、コントロールに不安が・・・不安は的中し、剛速球が本地さんの背中をドスン!と直撃!
本地さんがヘルメットを取り、清水コーチのもとに詰め寄る一幕も(笑)乱闘かと思われたんですが、清水君、アドリブがきかずマウンドに棒立ちになっていました(笑)TKの学生コーチはいろんなことを要求されるんで大変ですなぁ・・・

保護者の皆さんは大爆笑でした。本地さんには、私から助演男優賞を何か見繕って渡しておきます。
次回は打ち合わせをしておきたいと思います(笑)本地さん、もう一度ぶつけるかもしれませんのでお願いしますよ!
森さんに投げたのは私。

追い込んでからスライダーが真ん中に入り、思いっきり打たれました。
森さん、体もがっしりしてるんで破壊力ありますねぇ。次は打たせませんよ(笑)
藤本コーチと北村コーチは、ノーヒットピッチングでした!素晴らしい!

お父さんに混じって下村母、立石母も打席に立ってくれました(笑)
お二人とも良い当たりの内野ゴロ!ナイスバッティング!ソフトボールでもやってたのかなぁ・・・

あとはメジャー・3A混合のドリームマッチ、2A・1A混合のドリームマッチを40分間行い、楽しい時間は終わりました。

皆さん、お疲れ様でした。
体が痛くなるかもしれませんが、心地良い疲れだと思います。
また次回をお楽しみに!