7月25日に予定されていたきぬかけ杯は、またまた雨のため8月1日に延期になりました。
グラウンドが確保できていたから助かりました。
きぬかけ杯が延期になり、26日に竹の子リーグの練習試合1試合を行いました。
対戦相手は先日の練習試合でサヨナラ負けしている松陽ファイターズさん。
3-4で負けました。TKも試すことを試すための練習試合と位置付けていますし、相手も2戦ともいろいろ試してきているので、公式戦ではどうなるんでしょうかね。楽しみです。

練習試合
松陽ファイターズ 0 0 4 0  4
TKドラゴンズ  1 0 0 2  3
(負 宮田 1勝1敗1S)

きぬかけ杯が雨で流れた次の日。
難しいモチベーションでの試合でしたが、試したいことは試しました。

先発の宮田が何球でバテルか。それだけを確認しようと思っていました。約50球でした。
ということは、2試合投げさせる予定なんで1試合25球・・・少な
このデータを基に投手陣を組み立て直しますが、吉村にリードした状況でつなぐことができるかどうかが勝敗を左右しそうです。
どっちにしても継投が上手くいくかどうかが今大会最大のベンチの仕事になりそうです。

今日の試合では判断のしようがないですが、打線は下降気味。中止の次の日なんで気にしていません。
3本のヒットで3点取ってるんで得点圏でのバッティングは集中していると見るべきでしょう。
最終回、青山航のタイムリー2ベースで2点差とします。青山航は打率は3割ちょっとなんですが出塁率が4割7分3厘と立石、宮田に次いでチーム3位なんで、きぬかけ杯では5番からもっと前に入れ替えて立石をポイントゲッターに持って来る方が得点力は上がりそうです。青山航の場合、追い込まれた時にファウルで粘って四球で出塁というケースも多いです。バッティングに関しては器用ですよねぇ。

それはさておき、6番森がしぶとくショートエラーで出塁し0アウト2塁3塁の一打同点の場面までは作ってくれたんですが、打順の巡りがどうしてもチャンスで7番からの下位打線に回るんだよなぁ。なので8番に杢谷を入れてるわけです。この杢谷の一打で1点差に迫りますがここまで。

0アウト2塁3塁でまず切ったカードは代打渡辺。
この選手は4年生ですが前に飛ばします。センターフライでしたが、4年生の打球なんで犠牲フライにはなりませんでした。
杢谷のショートゴロで1点差。
2アウト3塁で切り札下村を送りましたがサードゴロで試合終了。
スクイズをしないTK野球ではこのパターンは有ります。

欲を言えば7番9番と代打陣の中から一人飛び出してほしいんですけどねぇ・・・オンライン指導で入りかけてたスイッチがオフになってるんだよなぁ。オンライン指導中よりもスイングが鈍くなってるもんなぁ・・・指導はしてるんであとは続けて素振りをしてもう一段上がった時にまた指導という感じなんですがね。なかなか次にいけないという現実。
頑張ってちょうだい。途中までは手伝えるけど最後は自分だ。