先週のイベントは存分に楽しむことができたでしょうか?

僕は皆さん以上に楽しかったかもしれません。

久しぶりに思い切り選手として身体を動かすことができたからです!

ピッチングは会長からの指導を受けたいと思います、、、(笑)

イベントを通して、楽しく力を発揮することを体感できたのではないでしょうか?

全選手の前で1人だけ打席に立つことに対し、緊張した人もいると思います。恥ずかしいと思った人もいるかもしれません。

最近、僕は練習中に「恥ずかしがってるうちは上達しないぞ」と言うことが多いです。精神論ではなく、僕はこの言葉を信じています。

野球において、ボールを繋ぐキャッチボールは当たり前のように行われます。それに加え、言葉を繋ぐことも同時に行う必要があると考えます。

例えばファーストゴロのゲッツー。ファーストがベースの前で捕球すれば、ショートはセカンドベースの内側でもらい、ファーストに転送します。またその逆のファーストがベースの後ろで捕球する場合ありますね。

その時、ショートがファーストの捕球位置や姿勢を見て、ファーストが投げやすい方、自分が捕りやすい方の指示を出す必要があります。

ショートがベースで棒立ちで送球を待っていたら、ランナーと被ってしまいます。

折角ゲッツー取れるのにもったいない。

こんなミスを防ぐことができるのが「声」です。さらに付け加えると、「相手に伝わる声」です。

恥ずかしいのか、野球の知識がないのかどちらかは正直わかりません。もし恥ずかしがってるだけなのであれば、来週のキャッチボールから直ぐに意識して欲しい。

きっとこう書いてあればキャッチボールはできるのだと思います。

 

ケースノックをした時にどうなるのか気になるところです。

そこで声が出ないようであれば、丁寧に1プレーずつ解説したいと思うので聞いてください!

最近、前の週にやった練習に対する意識が翌週の練習で生かされていないことが目立ちます。

復習から始めてたら、週1回3時間しかない練習時間がどんどん削られて先に進めません。

このブログで、復習予習を書いて練習に対する意識を植え付けたいと思います。

よろしくお願いします!

寒くなってきたので、アップをしっかりして身体を温めてから練習しましょう!