プロ野球選手育成・甲子園球児育成 少年野球チーム

「黒田は諦めなかった!サヨナラのホームインだ!」

4月3日(日)上鳥羽グラウンドにおいて竹の子リーグ公式戦が開幕し、TKドラゴンズが洛東ベースボールクラブさんにサヨナラで勝たせていただきました。
同点の最終回エンドラン失敗のあと三本間で挟まれた黒田が粘りの走塁を見せサヨナラのホームを踏んでくれました。
<竹の子リーグ公式戦>
洛東ベースボールクラブ
       0 0 0 1 0 1       2
TKドラゴンズ
       0 0 2 0 0 1x  3x
(勝 西浦 3勝2敗)
竹の子リーグが開幕した。
初戦は洛東ベースボールクラブさん。初戦から当たるんかいと思った。
「昨年秋の新人戦決勝戦で負け、今年の練習試合でも負けてます。今日は絶対に勝ちましょう!」と試合前の円陣で松元がみんなに檄を飛ばしていた。
先取点はTKだった。
3回裏、1アウトから2番笠崎が左中間へクリーンヒットを放つ。バットの芯を食った良い当たりだ!
笠崎2盗成功のあと3番西浦がエラーで出塁し1アウト2塁3塁のチャンスを作る。
打席には4番昇格の福島。
2球目のインコース低めをたたく!強い当たりがサードのグラブを強襲しレフトへ抜けた!
笠崎に続き良いスタートを切っていたセカンドランナーの西浦もホームイン!2点を先制した。
チャンスに打つ。4番として合格の一打だった。そして福島を4番で育てたいと思わせる一打だった。
先発は鈴木。
前回に続き鈴木は良かった。
4回表、先頭2番打者にヒットを打たれたが2盗を西浦が刺した。
3番に2ベースを打たれ4番の犠牲フライで1点を失ったが、そのあとヒットで出塁した5番をセカンドへの牽制で誘い出しサードでアウトにするなどこの回4安打を浴びながらも1点でしのいだ。
粘りの守備ができている。
鈴木は5回55球1失点。