9月22日(日)上鳥羽グランドにおいて竹の子リーグ公式戦1試合が行われ、Bチームで臨んだTKドラゴンズが山科百々さんに勝利。

先発立石は4回をエラーがらみの1失点に抑える完璧なピッチングで今シーズン初勝利をあげた。打線も活発で青山空が2安打するなど9安打で8得点した。

竹の子リーグ

山科百々                1  0  0  0  2     3

TKドラゴンズ     5  2  0  1  X    8x

(勝投手 立石1勝)

この試合は、相手チームに6年生がいないこともありBチームの5年生と4年生で戦った。

初回、先頭打者をレフトフライ と思ったら落球。その後盗塁を刺そうとしたキャッチャー吉村の送球が右中間を破るタイムリー2ベースみたいになり先制された(笑)

まぁ、Bチームは連係プレーの練習はしていないんで仕方ない。

その後、サードゴロをサード伊藤がはじいたのだが、カバーに入っていたショート青山空が見事にリカバリー。
この1アウトでサード伊藤もピッチャー立石も楽になった。

立石のピッチングは完璧だった。コントロール、球威は十分。それに緩急をつけ簡単に打者を打ち取っていく。
2回以降はストライクを先行させた打者には狙いに行って3つの三振を取っている。キャッチャーはレギュラーチームの正捕手吉村なので、うまい配球をしてくれるのだが、それを理解して投げる立石も大したもの。ただ全力で投げているだけではなく、ちゃんとピッチングになっていた。

立石は4回を1安打1四球1失点の好投で初勝利。

この試合はサード伊藤に打球が集中した。ゴロが6つ、フライが2つ。初回にはじいたプレーと最終回の2ベースを打たれた後の送球エラーをカバーし本塁に送球してアウトにしたプレーを含めると合計10回の守備機会。
そのうちエラーは一つだけで、8つのアウトを取ってくれた。こんなに一つのポジションに打球が集中するのは珍しいですよ。4回表には先頭打者の強烈な当たりを一発で捕球。顔は横を向いていたが、体が逃げずにグラブが出てるから捕れるんです。よく守ってくれました。

打線も活発だった。

1点を先制された直後の1回裏。1番青山航が四球で出塁、2番吉村のセンター前タイムリーヒットですぐに追いつき、3番青山空センター前ヒット、5番伊藤のショートゴロエラーで勝ち越し、7番森センター前、8番成合のレフト前タイムリーなどで打者10人の攻撃で5点を奪い逆転した。

その後も4番立石のタイムリー、途中出場の杢谷のタイムリーなどで効率よく追加点を奪い8得点した。

最終回にマウンドに上がった青山空。

ここんところ満足な投球が出来ていなかったが、1回を2四球1安打2失点で抑えたので、良くなってきたんじゃないでしょうか。

試合前に、へんてこりんな投球フォームでピッチング練習をしてたので、慌てて修正した。
気持ちは分かるよ。
調子悪いと何か変えたくなるものです。
ただ、理論的な裏付けがないと変なフォームにしかたどり着かないので、私の指導に素直に従ってもらうのが良いでしょうね。

彼の場合は、速球で三振を取りたいという理想と、現実の球速にギャップがあります。理想は大切ですが、今の体で最高のパフォーマンスをすることがピッチャーの役目です。
投球術を理解し自分の心をコントロールできて初めて、三振を狙ってとれる投手になれるのです。

ただ、喜んでばかりはいられないわけでして・・・

リードを含めた走塁のひどいこと。
これは練習でガンガン走ってもらいましょう。

もう一つ気になるのが、レギュラーチームでレギュラーを張っている5年生の気の抜けた走塁。

自信がついてきているのは分かる。
でも、楽勝気分でぬるい走塁をするのは二流選手。
選手は自信が付くと全力プレーを忘れるんだよねぇ。
そのカッコ悪さに早く気付いた選手が伸びるんです。

今日は私、スコアラーでした。

何年振り?松尾ジュニアーズのコーチに冷やかされたよ。

保護者の皆さん、スコアの付け方教えますので、頑張ってやってくださいね~