10月28日(日)、竹の子リーグの新人戦が東野公園にて行われました。

本日の相手は下京JUクラブさん。

かなり強いチームだということを聞いていたので、とても試合を楽しみにしていたのですが、結果は、、、力及ばず10-3で敗れ、TKドラゴンズは竹の子リーグ新人戦、黒星スタートとなりました。

 

では、試合を振り返ります。

下京JUクラブ  6 2 1 1 0  10
TKドラゴンズ 0 0 3 0 X   3

 

1回表、先発の瀬古は立ち上がりに苦しみ2つの四球とエラーから、4番バッタに走者一掃のセンターオーバーを打たれる。

その後タッチアップで追加点を奪われると、さらにヒットとデッドボールから9番バッターにライトオーバーのスリーベースヒットを打たれ、いきなり6点を与えてしまう。

 

その裏、TKの攻撃。1番の立石が四球を選び塁に出ると、すかさず盗塁のサイン。

しかし、今日2番に入った堀がサインを見ておらず、ファーストへのフライに倒れ、そのままダブルプレー。

その後、3番樋口の四球と4番瀬古のライト前ヒットで2アウトからチャンスを作るも、5番金城が三振に倒れ、得点なし。

 

2回表、瀬古は2本のヒットなどで2得点を与えてしまうものの、本来の調子を取り戻していきます。

その裏のTKの攻撃は三者凡退に倒れ、無得点。

 

3回表、この回の瀬古は3安打を許すものの、キャッチャー樋口が三盗を狙うランナーを刺したり、三本間のランダウンプレーでアウトにとったりしたことで、最少失点で切り抜けます。

 

するとその裏のTKの攻撃は、1アウトから、1番立石がレフトへの2ベースヒットでチャンスメイクすると、ワイルドピッチと送球エラーから1点を返します。

 

そしてこの回はまだまだ終わりません。

2番堀の四球、3番樋口のセンター前ヒットなどで二、三塁のチャンスを作ると、4番瀬古の内野ゴロの間に一人ホームイン。

続く5番金城の当たりが相手のミスを誘い、もう一人ホームインでこの回3点目。
続く井上がレフト前ヒットで、さらにチャンスを広げますが、後続は倒れてしまいます。

 

4回表、この回スーパープレーが飛び出しました。

瀬古は突如と乱れ、2つの四球から盗塁などで1点を失います。

しかし、5番打者のレフト犠牲フライになるかという打球を千がキャッチ。

ホームへダイレクト送球し、三塁ランナーを刺してダブルプレー!

ナイスプレーでした。

 

TKのその裏の攻撃はその勢いに乗っていきたいところでしたが、三者凡退で無得点。

5回表、瀬古に変えて井上をマウンドに送り、先頭打者にヒットを打たれるも後続を断ち相手に追加点を与えません。

その裏、反撃に出よう~、というところで時間になりゲームセット。

 

初回、相手投手の立ち上がりを攻めきれなかったこと、サインミスやボール球に手を出してしまったことで助けてしまったことがこの試合の明暗を分けたように思います。

下京JUさんは、ストライクとボールをしっかり見極めており、ストライクを取りに行ったボールを弾き返されました。

ここが相手チームとの大きな違いです。

 

また、三回のTKの攻撃時にもう1、2点取れなかったことも反省点です。

この場面で押せ押せムードをベンチから作るべきでした。。

 

今回の試合を振り返り、私を含め課題は、たくさんあります。

だからこそ、選手たちは今日の負けを糧にして、次の試合に向けてそれぞれ準備をしておいてください。

私も立派な監督として指揮がとれるように残りの期間、一生懸命監督として野球を勉強します。

 

全員で強くなって次は白星を手にしましょう!