3月2日(土)にファームチームは今出川グラウンドで練習を行いました。

この日も快晴で、練習していてとても気持ち良かったです。プロ野球のオープン戦もはじまりましたし、いよいよ球春到来という感じですね。

ファームチームは先週の育成大会に向けて実戦的な練習が多かったので、今週は基本的な動きを確認する練習を多めに行いました。
特に、先週の試合ではバッティングで消極的な姿勢が見られた選手が多かったので、バッティングを見直すことに取り組みました。
主に新4年生で構成されるチームは、内野ノックのあと千葉監督が一人ひとり素振りとスウィングのチェックを行い、シートバッティングを行いました。
主に新3年生で構成されるチームはさらに2チームに分けた上で、徹底的にゴロを捕球する練習をしてから、素振りのチェック、トスバッティングを行いました。

最後は選手たちと千葉監督の2ストライクからの1球勝負!結果は…ヒットなし。でも先週の試合と比べると見逃し三振はぐっと少なくなっていました。

確かにバッターボックスに入ると緊張もしますし、「打てなかったらどうしよう」とも思います。
この不安を振り払い、打つ勇気を手にする方法はただ一つ。
打つ努力をしてチャンスで打つ経験をすること!
というのは会長のブログの受け売りですが…

「会長のひとり言20」~私はバントのサインを出さない~

それぞれの選手が今日の内容を忘れずに、次の練習で打ちまくってくれることを期待しています。